水素水に栄養はある?

水素水に栄養はある? 水素水を健康や美容のために飲んでいるという人は少なくありません。水素水には栄養があるというより、水素が体の中に入ると直ぐに活性酸素を結合して還元するため、体の中の活性酸素を効果的に消去することが期待できます。
人が活動するためにはエネルギーが必要で、エネルギー源は細胞内のミトコンドリアで酸素を利用し、栄養素を分解して作られますが、その時に活性酸素も発生します。活性酸素が全て悪いということはなく、善玉であれば外部から侵入してきたウイルスなどを白血球が活性酸素を利用して除去します。活性酸素の悪玉が過剰に発生すると細胞を酸化させたり、細胞膜を破壊したりDNAを傷つけるなど病気や老化など、様々な疾患の原因となってしまいます。
水素水は活性酸素を除去することができる物質です。食べ物に含まれるビタミンcやβカロチンなども抗酸化作用がありますが、活性酸素を除去する力は微力で、抗酸化作用を期待するのであれば水素水が優れています。

水素水でお米を炊いてみよう

水素水でお米を炊いてみよう お米を炊く時、水素水を使うことで美味しく炊くことができます。食べ物も酸化で古くなって味も損なわれていきますが、人の体のように食べ物も水素を吸収することで酸化を防ぐことができて新鮮さを取り戻すことが期待できます。
水素が水に溶け込んでいるのが水素水ですが、炊く時に使うことでご飯の味を引き立てて炊くことが出来ます。美味しいと感じるのは水素水がアルカリ性の水で、アルカリ性の水でご飯を炊くことで美味しく炊けることは知られていることです。
古くなったものであっても水素が含まれている水を使うと新米と変わらないほどの味になります。水道水にはカルキが含まれていますが、水素の水には含まれていないということも良いポイントのひとつです。
炊き方で大切なことは、最初にとぐ時に水素水を使うことです。最初の水は特にお米に吸収されます。といでいる時の7割の水を最初に吸収しているので、炊く時だけではなくとぐ時から使うと美味しいご飯に炊けます。